Return to site

【BLT通信】BLT随一のキラキラ女子!石本愛衣がAnnyを愛する理由とは

BLT通信では、BLTのメンバーに編集部メンバーがインタビュー。
Annyにかける思いやそれぞれの“仕事”について語ってもらいます。

Between Life n Tech(通称:BLT)には、キラキラしている人が多い。
社内からも社外からもそんな声をよく聞きますが、そのキラキラの代表だと私が個人的に思うのが、AnnyのMD担当・石本愛衣(いしもと めい)。

彼女がBLTに転職してきたとき、「可愛い子が入ってきた!」とそれは話題になったのですが、その実、真面目に仕事をやるイメージとは程遠いな……と思ったものでした。

果たして、そんなAnnyのキラキラ担当・石本は、実際のところ何を思い、何を目的にはたらいているのか?


今回は、筆者である編集担当の中野が、石本にそのストーリーをインタビュー。
対談形式でお届けいたします。

石本愛衣 プロフィール

ギフトサービスAnnyのMD(マーチャンダイザー:商品担当)。
2014年に伊藤忠グループのWEB代理店に新卒で入社し、昨年BLTへ転職。
分析を得意とし、Google AnalyticsやRepro、Usergramなどのさまざまなツールを駆使しながら “ユーザーが本当に欲しいギフト情報” を届けるために日々奮闘している。

「贈った相手が泣いて喜んでくれるECって、すごいな」と思った

中野:改めてですが、なぜ前職からの転職を決意し、BLTを選んだのでしょうか?

石本:前職ではアパレルECサイトのシステム・マーケティング支援をしていたので、クライアントワークでした。
私自身ECが大好きなので、仕事はとても楽しかったのですが、クライアントワークが故に本当にいいと思った提案ができない、なんてこともよくありました。

そんなときに、離れて暮らす友達の誕生日があって、どうやってプレゼントを贈ろうか考えていたところ、偶然Annyを見つけました。
使ってみたら、友達が泣きながら喜んで、電話までくれたんです。

純粋に、「泣いて喜んでくれるECってすごいな」と思いました。
それでAnnyについて調べてみたら、私と同じぐらいの子たちが、本当に「いいな」と思ったことをサービスで実現している。
私も全力でサービスのためになることをやりたい、と思い、転職を決意しました。

中野:素晴らしい理由ですね!
ちなみにMDって、あんまり聞きなれない職業だと思うのですが、主に今どんなことをしているのか教えていただけますか。

石本:MDのメインの仕事は、商品の仕入れです。
その中で商品のブランド担当であるパートナー様とのやり取りや、購入してくれるお客様とのやり取りもしています。
MDの仕事については、同じMDのすずみなが以前詳しいことを書いていたので、ぜひこちらも!

また、ユーザーの方々がもっと快適にギフトを探せるよう、アプリのグロースも担当しています。

プライベートでも“分析”!好きなことを仕事にできる醍醐味

中野:アプリのグロースに関しては、愛衣さんと言えば分析、というイメージがありますが。

石本:分析するのはたしかに大好きです!

数値だけでなく、「なぜこの人はこの商品を選んだのだろう」など、ユーザーの心理的目線でも分析をしています。

たとえば私、アロマに全然詳しいわけではないんですが、某有名セレクトショップで店員さんにおすすめされると、すぐ買っちゃうんですよ。
でも、自分のいいところは、本当にそれが「いい」と思ったら、その「いい」と思う要素を分析して、次の買い物に活かしていること!

眠れるアロマをおすすめされて、または直感で、買ってみる。
その使い心地が良かったので成分を見たら、ゼラニウムが入っていた!
じゃあ次は、ゼラニウムが入っているアロマを選ぼう、というように……

中野:さすがですね。では、もともと分析に興味があったんですね。

石本:そうですね、前職でもサービスを分析したら、自分たちなりの案を出して、改修していく。
そうすると実際に数値が変わって、それがとても面白かったんです。
それから、その改修によって売上が上がり、クライアントに感謝されるのも嬉しかったです。

中野:なるほど。MDにおいて分析は、欠かせないのですね。
そして愛衣さんって、クライアントに好かれそうですよね。

石本:そう!(笑)Annyのパートナー様はもちろん、前職のクライアントでも未だに仲良い人もたくさんいます。
良い対人関係の中で、一緒にサービスについて考えるのが楽しいんですよね。

ECは、世の中にあるサービスの中で一番素晴らしいものだと思う。

中野:では、愛衣さんの思う、仕事の面白さについて教えてください。

石本:まず、私はECが本当に大好きで。
今日も、というか常に全身ECで買った洋服ですし、家にいながら買い物ができるECって本当に便利です。
もはや、世の中にある中で一番素晴らしいシステムなのでは?とも思います。

中野:ECにそこまでの情熱を持っていたのですね(笑)
それでは、MDというポジションでの面白さは何でしょうか?

石本:一番MDやってて良かったな、と思うのは、世に出回ってない商品を展示会で見つけてきて、それが実際にAnnyで公開になったとき。
まだ多くの人が知らない素晴らしいギフトを、世に届けられることに面白さを感じます。
またそれにより、立ち上がったばかりのブランドを応援できることもあります。

たとえば、このボディスクラブセットは退職の時にプレゼントされてとても嬉しかった商品なのですが、それからBeaute de saeというブランドをAnnyで取り扱えることになり、同じ商品をギフトとしてたくさんの方に買っていただけているところを見ると、感慨深い思いがありました。

中野:新しいギフトがどんどん売れていくのを見るのは、編集の私もとても嬉しいです。
では、そんな愛衣さんが、BLTで達成したいことは何でしょうか。

サービスとエンジニアを架け橋のように繋ぐ人間へ。

石本:ギフトと言えばAnny、とみんなが思うようになるのが目標です。
言わば、ギフトの第一想起アプリですね。

中野:その上で今後、興味のあるポジションなどはありますか?

石本:リーダーにはあまり興味がなくて、とにかくずっとプレーヤーでいたいです。
ポジションで言うと、実はエンジニアに興味があります。
アプリの改修など、今のところエンジニアにお願いするかたちなので、いつかは1から10まで自分でやってみたいです。

サービスの分析と開発が両方できればすごいと思いますし、サービスとエンジニアを架け橋みたいにつなぐ人間になりたいです。

中野:愛衣さんは綺麗なので、もっと前に出たい!っていう思いが強いのかと思いました。

石本:もともと読者モデルやサロンモデルをやっていたので撮影とかは好きなのですが、仕事と捉えると、そうやって前に出るよりかはバリバリ打ち込みたい、という思いが強いですね。

ただ、この間Reproのイベントで登壇し、「自分のサービスを良くしたい」と思っている方たちに向けて話す機会をいただいたのですが、それはとてもいい経験になりましたし、今後もそのような機会があれば是非またチャレンジしてみたいと思いました。

おわりに

(おまけ:左から、実は仲良しな石本と中野)

石本がエンジニアもやってみたい、と言うように、たとえば編集にいても広報や採用を担当したり、MDにいてもWEBデザインを担当したり、興味や個々の得意に合わせて、さまざまな業務にチャレンジする姿勢は、BLTではよく見られることです。

それはきっと、BLTのメンバー全員の好奇心がとても強いから。
そして、Annyというサービスが大好きで、世の中にもっと広めたい、という共通する思いを持っているから。
石本も然り、BLTのメンバーがみんなキラキラしている理由はきっと、そこにあるのではないでしょうか。

取材・文:編集部えみりー

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly