Return to site

【BLT通信】Annyの未来のために。美人編集が考える、働くスタンスとこれからのBLT

BLT通信では、BLTのメンバーに編集部メンバーがインタビュー。
Annyにかける思いやそれぞれの“仕事”について語ってもらいます。

自分たちができることの中で、一番高度で本質的で、

世界のためになることは何か。

これは、我らがBetween Life n Tech(以下BLT)における、ビジネススタンスです。

Annyを通して、世の中に幸せのスパイラルを巻き起こすこと。
そのために、Annyを大きく成長させること。

これまでインタビューでご紹介してきた通り、より良いチームビルディングを進めている 中村 や立ち上げからのエンジニアとして活躍する 、MD(マーチャンダイザー)とアナリスト を兼務する石本 、さらには若きインターンまで、BLTのメンバー全てがこのスタンスの下に働いています。

その中で、ひときわ自分の業務とスタンスに誇りを持っているのが、編集部トップの中野笑里(なかの えみり)。
筆者の直属の先輩である彼女は、自身のスキルを最大限に活用し、幅広い業務をこなしながらAnnyの成長に貢献しています。

なぜ彼女は、自らのスタンスに誇りを持っているのか?
そして彼女が考えるBLTの働き方とは一体何か?
今回は後輩である編集部・小泉が、彼女の価値観に密着しました。

中野笑里 プロフィール
ギフトサービスAnnyの編集企画・PR担当。時には商品撮影のモデルもこなすマルチプレーヤー。
ライターとしてフリーランスでの仕事も行っており、そこで培われた文章力や表現力を駆使しつつ、Annyのコンテンツを支えている。

どんな形でも関わりたい、と思えたサービス

小泉:ではまず、笑里さんがAnnyで働きっかけを教えてください。
 

中野:私は学生の時からライターという仕事をしていて、自分の中で、「この仕事はずっと続けていこう」と思っていたんです。
大学を卒業し、一度就職してからもフリーライターの仕事を手元に残していて。そこを退職したあとは、フリーの仕事一本で働いてきました。
 

どんどんお仕事をいただいて単価を伸ばし、ライターの収入だけで生活できるようになったころ、ふと「ライティングって孤独だな」と感じたんです。
ほら、ライティングするということだけで言えば、自宅やカフェで一人でできるじゃないですか。なんだかそれが孤独で......。そこから「チームで働きたい」と思うようになっていきました。
あとはその時出版社さんとのお仕事が多くて、どの会社もWEBに注力しているのを感じたので、もっとWEBメディアの知識を身につけたかったという理由もあります。

小泉:なるほど、その最中にAnnyに出会ったと。

中野:はい。Annyの初代編集長であるすずみなさんと元々知り合いで、すずみなさんがシェアしていたインターン募集ページから応募しました。

今年BLTにジョインした、にっしーの誕生日。率先してケーキや飾り付けの準備をした、アニバーサリー好きな中野(写真前列:右から2番目)

アニバーサリーのメディアと聞いて、自分にぴったりと感激したんです!
私プレゼントを贈ることも好きで、そのためのサプライズや手紙も大好きで、親友の誕生日サプライズなんていったら、二ヶ月前から準備するような人間でしたから。
その時心から「Annyにどんな形でも関わりたい」と思って。そこからはトントン拍子で社員へと進んでいくことができました。

小泉:なるほど、好きなことをしっかり仕事にできるメディアだったわけですね。

根底にあった、書いて生きることへの憧れ

小泉:ところで笑里さんは学生の頃からライターをされているとのことですが、書くことに対するきっかけはどのようなものだったのでしょうか?

中野:うーん、私よく編集部のみんなに「文章力は書くことでしか得られない」と言い続けているんですけど、それが根底にあるかもしれません。

私、小学生になった瞬間に、お母さんから「日記を書きなさい」と言われたんです。
そして「先生に添削してもらいなさい」って。なんだかんだそれを小学6年生まで続けていました。
さらに誕生日プレゼントには、本をもらうことが多かったので、それもずっと読んでいて。
だから他の小学生より、文章を読んだり書いたりする機会が多かったんです。

大学生になったある日、その時のアルバイトのことや将来のこと考えながら、ふと自分の好きなことをまとめてみようと思い立ちました。
そこでマッピングのように書き出してみたら、「私、書くこと好きだな」って気づいたんです。
思えば昔からライティングをすることや、ライターとして生きることに憧れを持っていたような気もします。

小泉:なんだか、潜在的に自分の働き方を見出されているようで素敵です。

「Annyをもっと知ってほしい」サービスファーストのスタンスで

働く彼女の顔はとても楽しげ。ここまで仕事を楽しめている女性を、筆者は見たことが無い。

小泉:それでは、現在に至るまで笑里さんが行ってきたAnnyでの業務をお聞かせください。

中野:一番最初はライティングだけでしたが、社員として編集のお仕事に関わることになってからは、記事のプランニングや企画を考えたり、Annyの成長のために数値を分析して施策を考える仕事をしていました。
そこからあるとき突然MDに任命されて、パートナーさんとやりとりをするようになり、並行して広報やPRの業務に携わるようになったんです。
もともと私には「Annyのことをもっといろんな人に知ってほしい」という気持ちがあったので、必然的に�広めていく仕事をするようになったのかもしれません。
 

しかしもう一度自分がやりたいことに立ち返ったとき、
「私は、Annyをギフトの第一想起メディアにしたい。さらに自分のライティングスキルが活かせる場所で働きたい。」
と思っていることに気づいて、そこからは編集と広報の仕事に専念することにしました。
今後は広報についてもっと自分のスキルをつけていこうと思っています。

編集や広報を超えて、実は商品モデルにも力を入れている中野。Annyの顔として先陣を走っている。

小泉:さすがですね!今までたくさん業務を経験されていますが、その中でも自分の働き方として成長したなと思うことはありますか?
中野:Annyのことがすごく好きだから、『何を言うにも自信を持てるようになったこと』です。
BLTにはMPやMD、エンジニアと行ったチームが存在していますが、皆がお互いの分野のことをある程度把握しているんです。
だからパートナーさんに説明する時も、いちいち確認する必要がなくて。より自信を持って、説明できるようになっていきました。
きっとこれは、BLTのメンバー全員が“サービスファースト”のスタンスを意識して働いているからなんじゃないかなと思います。

編集やMD、社員やインターンを超えて、BLTではフラットに会話できる機会がたくさん。

小泉:わかります。Annyが好きだから、Annyのためになることをみんな考えている。そんなチームだなと私も感じています。

中野流「仕事を切り出して考える」働き方

小泉:笑里さんはAnnyを成長させつつ、現在もフリーランスでのお仕事もされていますよね。そのおかげか日頃から“働き方”についてお話されることも多いかなと思いますが......。

中野:そうですね、大学生の頃から考えています。

小泉:詳しくお伺いしてもよろしいですか?

中野:きっかけは、卒論のテーマが食育だったことですかね。
学校給食など、様々な食育について調べていたのですが、もっと個人や家族の食育について知りたいと思い、ベビシッターや家事代行のアルバイトをはじめることになったんです。
そのときに肌感で、こういう仕事は忙しい女性が主に頼んでいることに気がつきました。
その後もお子さんやママに話を聞いていくうち、今の育休や産休の制度の不十分さに疑問を感じ始めて.....。

小泉:働き方についてより考えるようになったと。

中野:はい。私が思う理想の働き方って「仕事を切り出して考える」方法なんです。
例えば一つの仕事の作業を切り出して、別々の人にお願いする。その成果に対してお給料を支払う。
そうすれば、家でも職場でも仕事ができますし、自分の時間の生活の中で仕事ができるようになりますよね。
私もそんな働き方がしたくて、フリーランスのスキルを磨くようになりました。

終始笑顔で答える中野。彼女は全てを楽しみながら、未来を見据えている。

小泉:今の笑里さんの働き方には、そんな想いがあったのですね。
それでいうと、BLT全体の働き方はいかがですか?

中野:未来はあるけど、まだまだ未完成ですかね。具体的には時間やスキルアップについて課題がありそうだなと思ってます。
だからBLTで学びきれないことを、フリーの仕事から得て、Annyの成長に生かしていこうと思います。それくらいAnnyが大好きなので(笑)

おわりに

「BLTには多様な人材がいます。だからきっと、これからどんどん伸びる組織なんだ、と思ってるんです。」

最後に中野は、こんな風に語ってくれました。
この言葉は中野だけではなく、BLT全員の思いでもあります。
まだまだ成長途中のサービスと、未完成な我々。
さらなる成長の為には、他でもないあなたの力が必要になるかもしれません

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly