Return to site

【BLT通信】「文化が生まれる文化がある」入社3ヶ月目のエンジニアが思う、成長にふさわしい場所

BLT通信では、BLTのメンバーに編集部メンバーがインタビュー。
Annyにかける思いやそれぞれの“仕事”について語ってもらいます。

熱心は、人間に与えられた大事な宝である。
そして、この宝は、誰にでも与えられているのである。
                     ― 松下幸之助

かの有名な松下幸之助氏が残したこの言葉を、私は仕事のやりがいを説かれるときによく耳にします。
月並みながらも、改めて噛みしめたくなるこの言葉。
そんな言葉を体現したようなエンジニアが一人、この春BLTにジョインしてくれました。

彼の名前は西上良祐、数々のインターンを経てBLTと出会った一人です。
引く手数多だったであろう彼はなぜ、この組織を選んでくれたのか。
その答えはきっと、彼と、彼に見えているこのBLTにあるはず。
彼の目から見たこの組織を、そして働く私たちが今一度胸にすべきことを探るため、
今回のインタビューでは入社3ヶ月目になる彼にお話を伺いました。

西上良祐 プロフィール

ギフトサービスAnnyのサーバーサイドエンジニア、通称にっしー。 学生時代に複数のWEBサービスにてインターンを経験、原健太の紹介により、トレンダーズ株式会社のエンジニア育成ラボ「Between Life n Tech」(以下BLT)にジョイン。入社からすぐにサービス根幹の開発に携わり、日々奮闘中。

ギフトサービスAnnyのサーバーサイドエンジニア、通称にっしー。
学生時代に複数のWEBサービスにてインターンを経験、原健太の紹介により、トレンダーズ株式会社のエンジニア育成ラボ「Between Life n Tech」(以下BLT)にジョイン。入社からすぐにサービス根幹の開発に携わり、日々奮闘中。

よりよいものを作りたい。その気持ちに答えてくれたプログラミング​

ーーまずはじめに、どんな流れでエンジニアになろうと思ったか教えていただいてもいいですか?

最初は本当になんとなくです(笑)パソコンが触れたらいいなという理由で大学を選びました。
大学入るまではPCでの検索くらいしかできないほどだったんです。大学2年の学科選択では情報工学科に所属したんですが、全然できなくて……。そんなときに、最初に出会ったインターン先の人から「教えてあげるから」と声をかけられ、インターンに通うことになりました。そこでビシバシ、エンジニアリングを叩き込まれたんです。

今思い返してよかったな、と思うのは、自分は物作りが好きな人間で、エンジニアという選択はあっていたなということですね。完璧主義なところもあるから、よりよいものを作りたいと思うことが多かった。試行錯誤が簡単で、2行のコードを書き換えるだけで見え方が変わる。そんなプログラミングが、いいものを作りたいという自分に向いていたんだと思います。

ーーではBLTにジョインしたきっかけはなんだったのでしょうか。

BLTに来たのは、事業内容にとても共感して、いいなと思うサービスを作っていたから。
僕、もともとサプライズとか好きな人間で、高校時代は面白いと思ってトランプマジックをマスターほどなんです。
今も趣味でダンスをやっているんですけど、これもエンタメの一部じゃないですか。
そういう人を楽しませることが好きで、かつ自分に向いているなと思っていて。
だからギフトという存在は、自分にうってつけだなと思いました。

満面の笑みを浮かべて踊るにっしー。なんだかこちらまで笑顔に。(画像:中央)

さらにすごくいいなと思ったのは、今のこの環境。
BLTは今からグングン成長していこうとしている、まさにその段階。その中でエンジニアのコアメンバーの二人目になれるってすごくいいなと思ったんです。
二人ってことは、少なくとも開発の半分は自分がやらななければいけないし、やれることの多さとか、やりがいのある仕事ができそうだなと。そして同時にその環境は学びでもあるし、難しいこと、できないことをするからこそ、自分の身になるとも考えたんです。

事業内容と、今のフェーズ、エンジニアの環境。とにかく全てがマッチしていたんですよね(笑)

良いと思ったら即行動。成長を生むのは「文化を生む文化」

ーーにっしーさんはここまで数社のインターンを経験してきていますが、その中からみたBLTはどんな環境でしょうか?

「文化が生まれる文化」が根底にあるところですかね。

ーーと、いいますと?

BLTは、いいものやふるまいを制度化して、やってみようと言ってからの行動力が早いんです。
大きい制度だとサービスの施策を考えるミーティングを行ったり、エンジニア間では、知見共有やディスカッション、失敗をみんなが繰り返さないための反省会をしていたり。

自分たちがいいなと思ったことをストッパーなく実行できるということは、自分たちにとってストレスフリーだし、やっていて楽しいし、仕事の成果としてリターンも増えてくれるはずです。
「こういうことやった方がいいよね。」
その発言をすぐにやろうとする環境、みんなが納得した良いと思うことを即座にやれる環境は、自分を伸ばすことにつながるし、結果そのサービスに返っていくと思います。

多分他のサービスで、入って3ヶ月の人間がこんなに意見実行できるところはないと思いますね。

ーーなるほど。確かなやりがいを感じられる文化ですね。

ええ、だから成長するのに申し分ない環境だなと思います。僕も入ってみて思ったんですけど、BLTってフルコミットするのにふさわしい組織で。
やれることが大きいだけでなく、すぐに結果が反映されるし、よかったらすぐに採用される。
ダメだったらダメって言われるけど、めげずに続ければ確実に学びになる環境ですから。

ーーつまり熱量を出してくれたら、最高の環境でお返しできると。

そうですね。さらにもしジョインを考えている方がいるなら、成長に貪欲である人がいいと思います。
文化や環境、成長にうってつけの要素が揃った組織だから、成長意欲がある人は是非一緒に働きましょう。

インタビューを終えて見つけた答え。
それは、彼が熱心さを持った人物である確信とBLTがその熱心さを育てる環境にある、ということでした。

二つの引き合わせがあったからこそ、惹かれ合うように出会った我々。
そしてこれは、きっとまだ見ぬあなたにも当てはまるように思います。

誰もが持つ熱心さを、成長と共に伸ばしていきたい方へ。
ぜひAnnyに、このBLTにジョインしてみませんか?

取材・文:編集部こなみ

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly